社会医療法人 弘道会寝屋川生野病院附属クリニック 看護部

看護部についてAbout Nurse

看護部長ごあいさつ

当院は法人の理念でもある「安心・信頼・貢献」を基盤に常に患者さんの立場に立った、その人らしさを尊重した
思いやりのある看護の提供を目指しています。また看護職員の一人ひとりが専門職としてやりがいを感じ、
ワークライフバランスを考え、笑顔でイキイキ働ける環境作りに努めています。

変化する社会のニーズに合わせ、必要な能力を身につけていくためには、自己研鑽を積み重ねていくことが大切。
個々の課題を自ら積極的に取り組んでいけるようサポートしていきます。

社会医療法人 弘道会
寝屋川生野病院 看護部長
石原 由美

看護部理念

「人にやさしく、思いやりのある看護を提供します」

看護部目標

安心される看護
患者さまを尊重し、思いやりのある姿勢で看護を提供します。
信頼される看護
専門職として看護の知識・技術を高め、常に質の高い看護の提供ができるよう自己研鑽します。
地域に貢献できる看護
患者さまや地域住民の方々の健康維持に努め、保険・医療・介護を含めた幅広い看護を提供します。

部署紹介

5階病棟

5階病棟

5階病棟は整形外科・外科・形成外科・内科の48床です。整形外科は手術症例が多く、外科は消化器系を中心に手術や化学療法を行っています。形成外科は難治性の褥瘡、皮膚潰瘍の治療を行い、内科は高齢者の肺炎疾患が中心になります。
化学療法やストーマケアなど専門性の高いケアは、研修・トレーニングを受けた看護師がプライマリーナースとして担当しています。
入院早期から、退院を見据えた援助ができるように他職種でカンファレンスを行っています。また、住み慣れた地域で生活できるようケアマネージャーと協力し、退院前カンファレンスや在宅訪問を行うなど退院支援に取り組んでいます。

6階病棟

6階病棟

6階病棟は、脳神経外科・整形外科(脊椎、頚椎、胸・腰椎疾患)・内科の47床です。
脳神経外科では脳梗塞、脳出血、慢性硬膜下血腫、てんかんなど、整形外科では脊椎、頚椎、胸・腰椎疾患の手術症例が多いです。
術後はスムーズに退院や転院できるよう、外来部門と連携をとり支援を行っています。また、医師とリハビリテーション部門と協働し患者のADL維持・向上への取り組みとして週1回カンファレンスを行い情報共有しています。
ママさんナースが多く、育児休暇からの復帰率は100%です。スタッフが生活と仕事の調和がとれ、やりがいが感じられるように職場環境の見直しを行い改善にむけての取り組みを積極的に行っています。

外来

外来

外来には脳神経外科、内科、整形外科、外科など11の診療科があります。超高齢化社会、慢性疾患患者数の増加、平均在院日数の短縮化に伴い外来診療も変化し、「質の高い外来看護」が求められています。
外来では入院予定患者さんが入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかイメージし、安心して入院医療が受けられるよう、オリエンテーションを実施しています。また、介護保険や家屋の状況などを確認し、病棟看護師と情報共有を行い退院支援に役立てています。
「断らない救急」をスローガンに、スタッフ一丸となり救急の受け入れを行っています。新たに血管撮影室も加わり、脳血管内治療の緊急対応ができるようトレーニングを行っています。

手術室

手術室

当院は、脳外科・整形外科・消化器外科・形成外科を中心に手術が行われています。緊急手術が多く、常時、受け入れができるよう人員調整や業務整理をおこなっています。以前に比べ手術を受ける患者の高齢化やハイリスク患者の手術も増加傾向にあるため、周術期管理チーム認定看護師を中心に、手術室看護師・麻酔科医・主治医との連携を図り、術前外来や術前訪問・術前カンファレンスを行うことで、周術期看護の質の向上と、より安全に手術が遂行できるように取り組んでいます。
現在手術室スタッフは、新卒から手術室経験20年以上と幅広い経験年数のスタッフが在籍しています。経験に応じた教育プログラムがあり新卒者への教育も行っています。

血液浄化室

血液浄化室

血液濾過透析(オンラインHDF)を備えた透析監視装置40台を完備し、月水金は午前・午後の2クール、火木土は午前1クールで稼働しています。また近隣透析施設からの患者さんが救急搬送された後の、緊急透析や各種血液浄化療法の時間外対応も行っています。
安心・安全な透析治療を提供するために、定期的なケースカンファレンス、医療安全カンファレンスを行っています。患者さんの透析治療に関する心の負担を少しでも軽減できるよう、季節を感じていただけるポスター作成やメッセージカードの配布等取り組んでいます。
患者さんの「自分らしく生きていくこと」を支援するために、専門性の高いチーム育成を目指しています。

集中治療室

集中治療室

内科、外科系を問わず高度な治療看護を必要とする患者さんを受け入れる8床の病棟です。
患者さんの多くは突然の発症や緊急手術など身体的苦痛はもちろん、治療のためのモニター装着や点滴、床上安静、行動制限を強いられ精神的苦痛が大きくなります。またご家族も同様に不安を感じられます。苦痛ができるだけ最小限になるよう、さらには安心して治療が受けられるように患者さん、ご家族に寄り添った看護を目指して日々努力しています。
1日でも早く回復できるように、他職種との連携を図り、安全にかつ迅速に適切な医療が提供できるように取り組んでいます。